ディズニーの英語システムのこわいところ

ディズニーの英語システムについては資料を取り寄せたり、
訪問の説明を受けたりしました。
来てくれた方もとても親切で楽しい遊びをさせてくれて、こどもも大喜びでした。
いい英語教材だと思います。


うちは購入にまで至らなかったのですが、
わたしの思いつくメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

(主観的な意見ですから参考程度に考えてくだされば嬉しいです)


● メリット
ディズニーなので映像が強力!

ディズニーなので完成度が高く、トリコになるこどもも多いと思います。

この先ディズニーがなくなるとはほとんど考えられないので、親しんだキャラクターたちと一生つきあえる。

音のでるトークアロング・カードが秀逸。通すたびに英語の内容が変わるんです。

● デメリット
こどもが一生、ディズニーのお客さんとなる可能性がある。洗脳に近い力を感じます。

中古市場にはものすごい数のディズニー英語システムのセットが流通していて、
途中でやめてしまう家庭の割合が高いと思われる。

セットで30万、70万などとても高額である。途中でやめてもお金は戻ってきません。
商法にアメリカのビジネス臭さを感じてちょっとお金儲け臭を感じます・・・。

映像教材が多いのでテレビ漬けにならないように工夫しなければならない。

大事なわが子が「ディズニー命」になるのもどうかな?
と思い、ディズニーもひとつの選択肢という位置づけでいられるように
ディズニー英語システムはやめました。

もちろん無料体験版は繰り返し見ました。こどももお気に入りです。ちょっと映像が古臭いかんじもありますが。
無料サンプルの請求はこちらから。

フラムキッズは天才児ネットで扱っています。
日本語にはない周波数の音をいっぱい浴びることができます!

関連記事

  1. セサミえいごワールドを使うとこどもはどもりになる?
  2. ディズニーの英語システムって高いわね
  3. オズモと英語のおべんきょう
  4. フラムキッズ第一印象
  5. フラムキッズ1とフラムキッズ2
  6. フラムキッズ。天才児ネットのもりしたさんも
  7. フラムキッズとディズニー英語システム
記事一覧