フラムキッズ第一印象

フラムキッズが届いた午後。

早速、CDをかけてみました。

まずは英語が流れてきました。

想像よりも速いペース。

どの言語も少し抑えたかんじの心地よいトーンです。

中国語でフンイキががらっと変わります。

北京オリンピックが始まったところだったので、なんだかオリンピックな気分です^^。

1歳8ヶ月の息子はしばらく珍しそうに聴いていました。

途中で、「あっち」といって隣の部屋に逃げていきました(笑


冊子にも記載されていますが、
継続して聴かせてあげられるかどうかは
親の習慣作り次第ですね。


多分、寝る前のBGMとして習慣づければいいのだと思います。

フラムキッズによって、他の子がなしえない脳の言語配線ができあがると
将来おもしろいだろうなあと思います。


また、報告します。

フラムキッズは天才児ネットで扱っています。
日本語にはない周波数の音をいっぱい浴びることができます!

関連記事

  1. セサミえいごワールドを使うとこどもはどもりになる?
  2. ディズニーの英語システムって高いわね
  3. オズモと英語のおべんきょう
  4. フラムキッズ1とフラムキッズ2
  5. フラムキッズ。天才児ネットのもりしたさんも
  6. ディズニーの英語システムのこわいところ
  7. フラムキッズとディズニー英語システム
記事一覧